原料高騰から閉店(実はストレスからの解放が本音)

収益性と採算性 どちらを優先するか 経営者としての対局感が見えます。最高益と最悪シナリオを同時にイメージできない人は、独立しても、苦悩は続きます。やる抜くという・・実践は、才能だと、イチロー選手は兼ねてから言っていた。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

一次産業の六次化 全力投球中

松阪拠点 広島拠点 新神戸拠点 東京本店 ⚫︎露地栽培⚫︎ハウス栽培⚫︎分子栄養加工⚫︎未病医療商品化⚫︎補完医療商品化⚫︎経営者(経営感覚)指導⚫︎障害者自立支援  ※節目 2018-2022-2025-2030-2035-2040-2045-2050

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

オーナー経営者の苦悩について

人手不足という文言に違和感がある人、、それはオーナー経営者です。

☆なぜ過保護政策を続けるのか

1人1人が、しっかりとした根を張り
難問難題を解決できる人材育成こそ
国力アップになる。

与えられるから与えるへ
自力で解決力を高め、仲間
づくりで大きな目標を設定
生まれる成果は個人の懐に
入れるものではなく地域社会
循環型であること

安全安心な食を中心に
若者が チャレンジできる環境
づくりを行なってきた ITや人工
知能は実益ではなく実体を構築
すること。病気をしない心と体
は、安全な食そして安全な補完
が必要。これを提供すること。

桁が少ないと
社会を変革できないので、桁を
上げる為、不動産活用、株式の
活用、為替の活用、海外物流の
スキームをねじ込んでいくこと
が重要。

2000年の歴史を見ると
固定種、金貨、ウイスキー
が財産継承になってきた。

これに加えて
備蓄パウダー(無農薬)
新固体燃料(環境保全)
糞尿メタンガス発電
エネルギー植物栽培
デトックスシステム

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

第二創業

世の中が、大きくひっくり返る時、第二創業という文言は、死語となっている。本質的には、先駆者を生み出すこと。創業者は、先駆者だ。二代目は、創業者を意識せざる終えない。すると、オリジナルな発想が生まれにくい。
先駆者は10年後に称賛を受けることに着手せよ

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

目次(半年分のコンテンツ)

01
第二創業という文言は意味がなくなってきた

02
3Rを具現化しよう

03
出口とは

04
出口のない人、会社、業界がいっぱいある

05
兄弟で会社を動かすことは難しいことではない

07
第六次産業とは
1次+2次+3次+生命科学をいう

08
新たな価値の交換
紙幣通貨は終焉し
暗号通貨がメインになるようだ
(偽物がバレる仕組み)

09
障害者が増える原因?いやきっか?

10
長続きする分配の法則
これまでのシェアリングは終焉

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

12年前のこと 今だから感じることができる

16日に長野県軽井沢町のホテルで自殺した音楽家加藤和彦さん(享年62)の密葬が19日、都内でしめやかに営まれた。親しい音楽仲間や関係者ら約100人が参列し、最後の別れを惜しんだ。ザ・フォーク・クルセダーズのメンバーだった北山修(63)は「明るさと厳しさのバランスが天才をつくった。いつも相談してくれたのに最期だけは何の相談もしないで逝った」と“戦友”の若すぎる自死を悼んだ。

加藤さんの遺志から、葬儀は無宗教方式で、喪主も葬儀委員長も立てずに密葬で行われた。日程を伝えたのもごく親しい関係者だけ。音楽ユニット和幸でコンビを組んだ坂崎幸之助(55)ら約100人だけが最後の別れに訪れた。

参列者によると、加藤さんの遺体は花に囲まれて、頭のところに遺影とホテルで書き残した遺書が置かれた。遺書は参列者に読まれるように飾ってあり、「これまでに自分は数多くの音楽作品を残してきた。だが、今の世の中には本当に音楽が必要なのだろうか。『死にたい』というより『生きていたくない』。消えたい」との趣旨が記されていたという。ある参列者は「音楽界で生きてきた自己の存在を否定しているような印象を受けた。うつで通院していたようで、相当悩んでいた印象です」と話した。

参列者全員が白いカーネーションを献花した。最後に加藤さんへの別れと参列者へのお礼をかねて北山があいさつに立った。「彼の中には2人の加藤和彦がいました。1人はいつもニコニコ笑ってステージに立っている加藤。もう1人は作品作りにかける厳しい加藤。この2人のバランスが彼の天才を作っていた。いつもみんなにいろいろと相談していたが、今回だけはだれにも相談せずに1人で逝ってしまった」との内容を無念そうに話したいう。

出棺時には、友人たちが遺体を霊きゅう車に運んだ。3度離婚した加藤さんが最後に同居していた30代の女性が、にこやかにほほえむ加藤さんの遺影を抱いて助手席に乗り込んだ。周囲には一般人でもあり、マスコミの前に出ることを懸念する声もあったが、「悪いことをしているわけではないから」と毅然(きぜん)とした態度でカメラの前に立った。

「あの素晴しい愛をもう一度」など名曲の数々を残した。希代のメロディーメーカーが帰ってくることはないが、多くのファンに向けた「お別れの会」を後日行う予定だ。  2009年10月20日8時53分

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

知らされていない コロナのメリット

コロナにおけるデメリットは
誰もが認識いるがメリットを
知らされていない(事実)

メリット❶
国別リスクヘッジ力が各方面で明確に

メリット❷
国際物流8割減(物流革命の準備)

船舶6割減(船便の稼働率を上げ
高い効率を求める経済社会見直し)

メリット❸
各国税金垂れ流しにより
新しい通貨を国別に貸し出す
通貨=紙幣ではない(AI通貨)

メリット❹
地球規模で増える災積

過去にない積乱雲の厚みと発生数

大型台風・水害・寒冷化による農作物廃棄
ハイパーインフレによる未入荷リスクヘッジ

ハイパーインフレによる収入3倍政策
現状通貨では解決できないAI通貨に移行
1泊3万円のホテルがスタンダードへ

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

銀座は変わる(土着民が居なくなる)

SHISEIDO閉店のお知らせ。当店は2021年1月17日をもちまして閉店いたしました。ご愛顧を賜りありがとうございました――。つい最近まで多くの人で賑わっていたかと思うと、店頭に張り出された紙がどこか物悲しい。2017年4月に開業した東京・中央区の「GINZA SIX」。銀座最大の商業施設も新型コロナウイルスの感染拡大の影響から逃れられず、テナントの大量入れ替えが始まっている。34店が入っていた地下1階の化粧品売り場も、資生堂の主力ブランドである「SHISEIDO」のほか、ロレアルの「shu uemura」など7店が撤退した。代わりに4月にかけて9ブランドが入居する予定だ。フロアを見渡すと人はほとんどいない。というのも、銀座で化粧品を購入する顧客は、観光客や仕事帰りの会社員、銀座で営業するクラブのママが中心だった。コロナ禍を受けた外出自粛や在宅勤務、飲食店の時短経営により、それら主要顧客層が消えてしまった。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

医療崩壊のギャップ

行政は感染者を受け入れる病床確保を急いでいますが、苦戦しています。病床を確保するうえで法律上、どんな問題があるのですか。

医療機関には感染症患者を受け入れる法的な義務はない。医療体制を規制する医療法では、どういう診療科で、どんな患者を受け入れるかはそれぞれの医療機関が決められることになっている。病院に対する監督権限のある都道府県が病院に対し、「こういう病床を用意してください」と指示・命令できない。新型コロナの感染患者を受け入れるかどうかも、各医療機関の病院長が決めている。地域全体で必要な病床が確保できなくても、行政ができるのは、あくまで病院に対する「協力要請」にとどまる。

感染者の受け入れは公立病院や公的病院に集中し、民間病院での受け入れが進んでいないようです。

公立病院の場合、都道府県知事などからほぼ命令に近い形で要請されている。しかし、民間病院に対しては強制力がないため、「うちは診ません」という病院が大半だと手の打ちようがない。しかも、日本の医療機関のうち民間病院は約8割を占め、諸外国よりかなり高い。日本の医療制度は、医療機関の自主的な判断を尊重するうえ、大多数を占める民間病院に対して行政介入の余地が小さい仕組みになっている。こうした根本的な仕組みが改められないまま、新型コロナへの対応が続いている。

感染した患者を受け入れる病院は満床状態になり、「医療崩壊」が起こっていると報道されています。

いわゆる医療崩壊は、一部の医療機関で(すでに)起こっている。(感染患者を)受け入れている病院は、これ以上(患者を)受け入れれば感染対策が不十分になり、他の疾患の患者を受け入れられないなどの問題が出てくる。感染者を受け入れる病床は少しずつ増えている。だが行政は、(すでに患者を)受け入れている病院にさらに病床を増やすよう依頼している状況だ。病床をやむをえず増やしても、そこで働く医療従事者が増えるわけではない。そのため、現実に患者が発生しても、やっぱり受け入れることができないという状況がたびたび起こっている。一部の医療機関のみが感染患者を引き受けることにより、医療機関の間に負担の大きな偏りが生じている。

医療従事者への過重な負担も問題になっています。

感染患者を受け入れる医療機関に、医療従事者を公的に派遣する措置はない。感染者を受け入れる病院では、内部で人員をやりくりせざるをえない。こうした病院のスタッフは長期間にわたって感染患者に対応し続けなければならず、すでに限界に達している。

一方で、感染患者を受け入れない医療機関の中には、患者数が減少し、医療従事者の人員が過剰になっているところもある。医療従事者間でも負担の偏りが生じている。

感染患者を受け入れたことで、他の病気にかかった患者が受け入れられなくなるなど通常診療への影響が懸念されています。感染患者を受け入れる医療機関を増やせば他の病気の治療に影響が出ないのでしょうか。

たしかに、ある程度規模が大きい病院でなければ、感染患者と他の救急患者を分けて対応するのは難しい。感染患者を診ることのできない病院にまで、無理に感染患者の受け入れを強制する必要はない。感染患者を受け入れていない病院が他の救急患者を積極的に受け入れるなど、病院間で役割分担をすればよい。要は、日本全体として医療資源をうまく活用する必要がある。

受け入れ病院数を増やすためには、どうすればよいのでしょうか。

2020年4月の緊急事態宣言では、感染者数を減らし、病床整備のための時間稼ぎをしている間に対策を打つという方針だった。しかし、いつの間にか病床確保という点は置き去りにされていた。今回の緊急事態宣言では、時間稼ぎをしても感染者を減らす以外に病床確保のための具体策が示されていない。パンデミックのように、国全体が危機に陥っている状況では、平時とは違うルールで医療を動かす必要がある。まずは、医療機関の間で、受け入れ病床について協議することが必要だ。

       東京都はもっと行政介入ができた

地域の医療資源の調整は、通常時でもないわけではない。例えば、産婦人科医が少ない地域では地域の医師会が調整したり、大学病院の医局を通じて医師の足りない病院に派遣したりするしくみが効いていた。しかし、パンデミック下では、ただでさえ少ない感染症の専門医を大学医局から派遣してもらうわけにいかない。医師会や大学医局間の調整が期待できなければ、行政が主導すべきだ。行政が地域単位で協議の場を設け、「感染患者を受け入れてほしい」とはっきり言うことだ。現行の法律では都道府県の権限を越えているが、それを恐れていれば問題は解決しない。緊急事態宣言の前に、東京都もその権限でもっと行政介入ができたはずだ。それができないなら、特別措置法を改正して、医療機関へ要請以上の指示ができる仕組みを検討するのがよい。飲食店や行動制限に対する罰則をつくるよりも、こちらのほうが緊急性が高い。行動制限で感染者数が減るとしても2~3週間後になる。今発生している患者をどうするのかという問題に向き合わなければならない。

重症患者を診る集中治療の専門医の数は限られています。マンパワー不足で患者を受け入れられない病院もありえます。

たしかに、重症患者の対応は専門医が不足していれば難しい。しかし、ポイントは軽症と中等症の患者だと思う。重症患者ばかりが注目されるが、中等症の患者をきちんと病院に収容できていれば、重症者を減らせる。そうすれば、医療につながる前に亡くなってしまうケースもなくなるはず。軽症から中等症患者の受け入れは、設備や専門医のいない機関でも可能なはずだが、そうなっていない。

病院側はなぜ感染患者を受け入れたがらないのでしょうか。

一番の問題は、クラスター(集団感染)が起こったときだ。2~3週間は完全閉院にしなければいけなくなり、消毒などをして膨大な費用がかかるうえ、収入はゼロになる。病院からすれば、そんな危険なことはできないというのが本音だろう。全国的にどこで受け入れるか、押しつけ合いが起こっている。

医療機関に財政支援すれば、病床をもっと拡大できないでしょうか。

財政支援は、感染患者をいま受け入れている病院への支援にはなっている。ただ、患者を受け入れていない病院が(支援によって患者を)受け入れるようになるかというと、あまり魅力的に映っていない。結局、いまの財政支援は、感染患者を診ることでかかった直接経費を補填する形になっている。クラスターが発生して閉院したときの損失分や、評判が落ちて患者が減ったときの損失分は対象外だ。「手当(既存の財政支援)だけでは全然足りない」と考える医療機関が多いのではないか。

      社会を崩壊させない感染症対策を

では、閉院・減収時の損失を補填する仕組みを作れば、患者を受け入れる病院は増えるでしょうか。

増えると思う。しかし、そうした提案は厚労省でなかなかに受け入れられていない。政府は、大きな打撃を受けている飲食店や観光産業に対し、減収分の補填まではしていない。なぜ、医療機関だけを補償するのかと問われたときに説明できない、というのが厚労省の立場だ。

米村教授自身がいま、診療の中で感じていることはありますか。

私の勤めている病院(東京都健康長寿医療センター)は高齢者が多く、患者には大きく2通りの反応がある。1つはコロナが怖いから病院も本当は来たくないという反応。もう1つは、家族が介護施設に入っていて会えなくてつらいという患者や、友人ががんの末期で何日もつかという状況なのに会うことができないという患者だ。人と人の接触を断つことが感染対策だという点に私は抵抗がある。各人の意志をそれ以上に強制してはいけないということを前提に感染対策を組むべきだというのが、私の基本的な考え方だ。人間社会を崩壊させない形でなければ、感染(症)対策は意味がない。「病気は治りましたが、患者は死にました」というのと同じ。感染症を克服できたけど人々は不幸になったというのでは、感染症対策をやった意味がない。感染拡大を防ぐには他のやり方がないわけではない。マイルドな形で人々の行動をコントロールするツールを使うことだ。2020年6月に厚生労働省が配信を始めた接触確認アプリ「COCOA(ココア)」があるが、これで感染が抑えられているか検証されていない。ココアは、他のアプリとの比較検討で個人情報を収集しないため導入しやすかったが、(位置情報を収集していないため)いつどこで誰と接触したか具体的な情報がわからない。それでは人々に危機感を持ってもらうことにつながらない。やはり、位置情報を把握し、日時と場所、誰と接触したかがわからなければ行動のしようがない。こうしたツールの検証と見直しも必要だろう。

東洋経済 井艸 恵美,石阪 友貴

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

社会保障意識調査(厚労省)

厚労省の「平成 30 年高齢期における社会保障に関する意識調査」

何歳から老後と考えるかは、「70 歳から」が34.5%、「65 歳から」が26.0%。若い世代では「60 歳から」の割合が多いのに対し、高年齢層では「75 歳から」「80 歳以上」の割合が多くなっている。

厚労省は12月22日、老後の生活感や社会保障制度の意識を調べた「平成30年高齢期における社会保障に関する意識調査」の結果を公表した。

調査は、平成30年国民生活基礎調査(所得票)の対象単位区から無作為に抽出した360単位区内のすべての世帯の20歳以上の世帯員1万2,410人を対象に、平成30年7月に実施。9,275人から有効回答を得た。

老後に最も不安を感じるものは、「健康の問題」が最も多く47.7%、次いで「生活費の問題」が33.6%で、年齢階級別では、若い世代は「生活費の問題」の割合が多く、高年齢層は「健康の問題」の割合が多くなっている。

高齢になっても働き続けたいとする就労希望年齢は、「65 歳まで」が24.9%、「70歳まで」が19.4%、「60 歳まで」が16.6%となっている。「生涯働きつづけたい」と思う人も7.8%おり、年齢階級別にみると、年齢階級が上がるにつれて働きたいとする年齢が高くなっている。

年をとって「介護を必要とする状態となった場合」にどのような場所で生活したいかについては、「自宅(これまで住み続けた自宅、子どもの家への転居を含む)」(14.7%)などの在宅での生活を望む者が35.7%、「特別養護老人ホームや老人保健施設などの施設」が25.5%、「日常的な医学管理や看取りなどの医療機能と生活施設の機能を兼ね備えた介護医療院」が14.0%となっている。年齢階級別では、年齢階級が上がるにつれて在宅での生活を望む者の割合が少なくなっている。

充実させてほしい社会保障は、「老後の所得保障(年金)」が約5割

老後生活と社会保障の関係については、「老後の生活の準備はまず自分でするが、全部は出来ないので、足りない部分は社会保障でみてもらいたい」が53.8%と過半数を占めている。

平成24年調査と比較すると、「老後の生活の準備はまず自分でするが、全部は出来ないので、足りない部分は社会保障でみてもらいたい」は、若干上昇しているのに対し、「老後の生活は自分が考えるべきで、若いときからその準備をする。社会保障にはあまり期待しない」は若干低下している。

国民生活に役立っていると考える社会保障の分野は、「老後の所得保障(年金)」が51.9%、次いで「医療保険・医療供給体制など」が42.8%、「高齢者医療や介護」が42.1%、「子ども・子育て支援」が30.5%、「健康の保持・促進」が23.0%となっている

今後、充実させる必要があると考える社会保障は、多い順に「老後の所得保障(年金)」(52.0%)、「高齢者医療や介護」(44.6%)、「子ども・子育て支援」(35.1%)、「医療保険・医療供給体制など」(29.4%)、「雇用の確保や失業対策」(19.4%)となっている。メディアパーソン発信

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。